コラム - 業務改革を成功に導くためのポイント

業務改革を成功に導くためのポイント

企業を成長へ導くためには、業務の効率化や品質の維持向上などを行い、常に最善の業務体制を整えておく必要があります。日々、改善できるポイントを探し、時には業務改革が必要になる場合もあります。しかし、実際に業務改革を行ったとしても成功するとは限りません。
業務改革を行っただけで、目に見えるほど業務体制が改善された企業は少ないのが現状です。改善するべきポイントがずれていたり、改善しきれていなかったり、改革の失敗には様々な要因が存在します。そこで、業務改革を成功に導くためのポイントについてご紹介します。

業務改革を成功に導くためのポイント

そもそも業務改革とはMeaning

業務改革とは、部分最適(プロセスの部分的効率化)ではなく、全体最適を実現するために業務プロセスを抜本的に再設計・再構築することを指します。
つまり、経営戦略や課題対策のために、コスト・組織・業務プロセスなどの全体の仕組みを見直して、経営資源の最適化を目指していく効果的な手段です。

経営課題を明確にするManagement issue

業務改革を進めるためには構想策定において、経営課題を明確にする必要があります。しかし、業務における問題の本質を十分に理解し、取り組むべき経営課題を明確にしている企業はあまり多くありません。経営課題から業務課題の結び付けができていないことも業務改革が失敗する主な原因のひとつです。目的の実現をするためにも、解決すべき課題を明確にしましょう。

経営方針や目的を浸透させるManagement policy

業績目標を達成するためには、社員一人ひとりが同じ目的を見据えて行動できるような高い組織力が必要です。組織力をいかんなく発揮して課題解決・目標達成を繰り返していくことで、企業は発展していくのです。
そのためには、企業の経営方針やビジョン、目的を明確に定めて、全社員に浸透させることが大切です。
経営方針やビジョン、目的を把握していると、一人ひとりがどのような行動を取るべきなのかを判断し、適切かつ迅速に対応できるようになります。

弊社ではお客様のビジネスを加速させるために、ビジネス、IT、アドバイザリなどの業務コンサルティングサービスを提供しております。業務コンサルティングにて業務改革や新業務プロセス設計を支援し、改革ポイントに応じてプロセスの再設計を行うことで、業務の最適化を目指します。

業務改革を検討している方はぜひ弊社の業務コンサルティングサービスをご利用ください。弊社では人材調達支援事業も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

案件サーチ

※弊社運営サイトへ遷移します

案件サーチ 案件紹介のご案内 案件サーチ 案件紹介の流れ 案件サーチ 案件情報

※弊社運営サイトへ遷移します